スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処刑 その2 ~エースが地球で倒されたら

 超獣バラバの放った剣がエースのカラータイマーを貫き、その胸に深々と突き刺さった。
 エースの体は一瞬硬直したかのように動きを止めた。そしてゆっくりと仰向けに倒れた。倒れたエースはうめき声をあげて、震える右手を頭上に映る磔にされた四兄弟の方に助けを求めるかのように弱々しく突き出した。しかし何事も起こらず、エースはその動きを止めた。
 目の輝きも消えピクリとも動かないエースの傍らに腰を落としたバラバは、右手の鎌でエースの首を切り落とした。エースの首を掲げて勝利の雄たけびを上げる超獣バラバ。磔にされ何もできないままその無残で絶望的な光景を見せ付けられたウルトラ四兄弟は、思わず目をそむけた。

「エースは死んだぞ!後は貴様たちを処刑するだけだ。出でよエースキラー!」

 ウルトラ四兄弟の十字架の前の地面が割れエースキラーが出現した。エースキラーは磔にされたウルトラ兄弟のエネルギーを奪っていった。極限までエネルギーを奪われたウルトラ兄弟たちの肉体は、ゴルゴダ星の極低温に耐え切れず凍り始めた。

「ウルトラマン2世のブレスレットを奪え!」

 ヤプールに命じられたエースキラーは、新マンの左手首をブレスレットごとつかむとへし折った。半ば凍りついていた新マンの左手は手首のところから千切れてしまった。

「ウルトラ四兄弟の死刑を開始せよ!」

 ヤプールの叫び声が響き渡る。すると、ウルトラ兄弟の首に巻きついていた鎖がゆっくりと締まりだした。凍りついた肉体を少しずつ割りながらウルトラ兄弟の首に鎖が食い込む。四兄弟はもがき苦しんだがもはやどうすることもできなかった。鎖からは冷気が放出され、食い込んだ先の組織を凍らせて行った。首の半ばまで食い込んだ鎖は骨に達した。強烈な冷気のためたちまち骨は凍りつきもろくなってしまった。鎖が骨を粉砕すると一気に首は切断され、ウルトラ四兄弟の首がゴルゴダ星の宙を舞い十字架の傍らに落下した。

 「エースキラーよ止めだ!止めを刺すのだ!」

 ヤプールに命じられたエースキラーは、マン、ゾフィー、新マンのカラータイマーを破壊した。そして転がっているセブンの額のビームランプ目指して剣を突き刺した。凍っていたセブンの頭は無残にも縦に真っ二つに割れてしまった。

「処刑完了!フハハハハ。」

smanharituke0195.jpg smanharituke0188.jpg smanharituke0198.jpg smanharituke0197.jpg

smanharituke0190_20130802152526bda.jpg smanharituke0194.jpg smanharituke0199.jpg smanharituke0189.jpg


 この凄惨な処刑の様子は地球上の空に映し出された。この映像を見た人類は恐怖した。ヤプールは勝利を確信したが、追い詰められた人類の力を見誤っていた。

 余裕を持って地球人類に降伏を迫っていたヤプールに衝撃が走った。ウルトラ兄弟抹殺と地球侵略の拠点だったゴルゴダ星が、TACの超光速惑星破壊ミサイルによって消滅してしまった。ゴルゴダ星に展開していたヤプールの精鋭部隊と最強の超人エースキラーも、ウルトラ四兄弟の死体もろともあえなく消滅した。
 放射能の雨に守られていた超獣バラバも、住民の被害を無視した核攻撃によって葬られた。

 もともと絶対数の少ないヤプールにとってまさかの多数の戦死者の発生、さらに数十万の犠牲をもいとわない地球人の攻撃に衝撃を受けたヤプールは地球侵略を中断した。

 後に地球再侵略を開始したヤプールは大いに恐怖することとなる。それはまた別の話。        終

 
 バラバラ機能が含まれていたので作ってみました。実質1シーンのCGのためストーリーを長々と作ってしまいましたが、バラバやエースキラーのフィギュアがないので文章だけでごめんなさい。

 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SKK

Author:SKK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。